東林地区防災訓練

その時、あなたはどうしましたか?
平成27年11月15日(日)前日よりの小雨の中、朝8時30分・相模原市直下を震源とした震度6強の発災想定で、東林地区連合自主防災隊(15自治会自主防災隊)と5避難所(くぬぎ台小・上鶴間小・上鶴間中・東林中・東林小)及び東林まちづくりセンター現地対策班が一斉に防災訓練を実施しました。
東林間自治会自主防災隊本部は、指定12箇所の一時避難場所に支部を開設、それぞれ自主防災隊のぼり旗と赤提灯を掲げました。
自治会員は、①発災後に火の安全と施錠を確認後、指定一時避難場所への避難訓練を実施しました。
防災ベストを付けた責任者の下に集結、副責任者の無線情報を入手し、情報収集担当者の情報連絡カードに氏名を登録して災害の推移を見守りました。
②避難所開設情報を東林まちづくりセンター現地対策班経由本部より受けた各支部は、指定避難所への避難誘導訓練を実施し、避難所では情報伝達カードを提出して受入訓練を実施しました。
③各避難所では独自の訓練に全員が参加し、避難所の生活空間の狭さや仮設トイレ組立の大変さと備品の少なさ等々各家庭での防災備蓄の大切さを実感し、自宅で被災せず人を助けるられるように日々努力の必要性を実感したと思われます。
④配布訓練として、参加者に記念グッズを配布して防災訓練を終了しました。
東林間自治会自主防災隊の訓練参加者は161名で昨年の8割増、東林地区連合自主防災隊全体の参加者は650名強で昨年の4割増程度でした。

主 催:防災部


Copyright (C) 2014 自治会法人 東林間自治会. All rights reserved.